コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸坂潤 とさかじゅん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸坂潤
とさかじゅん

[生]1900.9.27. 東京
[没]1945.8.9. 長野
唯物論哲学者。開成中学卒業後,第一高等学校理科を経て,1924年京都大学哲学科卒業。京都および神戸の専門学校,諸大学の教師を経て,31年東京に帰って法政大学の講師,教授となる。当時,すでに満州事変 (1931) が始っており時勢は戦争へと傾斜していたが,神秘と非合理を徹底して排する科学的な精神をもった戸坂は,京大の先輩,三木清らを通してマルクス主義哲学に接近し,当時の政治状況に抗し 32年には岡邦雄三枝博音らとともに唯物論研究会を組織して機関誌『唯物論研究』 (38年まで 65号を刊行) を創刊した。 34年思想不穏のかどで法政大学を免職になってからは唯研活動に全力量を投入,35年には『唯物論全書』 (全 66冊) の刊行を開始した。戸坂の唯物論の戦闘性は,文化,思想,科学のあらゆる問題に唯物論的視点から切込み,鹿子木員信,紀平正美らの日本主義,国家主義哲学,あるいは西田幾多郎,田辺元らの自由主義哲学とのイデオロギー闘争を先頭に立って推し進めたところにある。処女作『科学的方法論』 (29) から『イデオロギーの論理学』 (30) ,続いて『イデオロギー概論』 (32) ,『科学論』 (35) ,『日本イデオロギー論』 (35) は,そのたたかいの軌跡であるが,それは同時に当時の政府の全体主義的文教政策としての教学精神に対する科学的精神の痛烈なる批判であった。しかし軍部独裁政治の台頭には抗しきれず,37年執筆禁止,38年には唯研事件により検挙され,44年大審院による懲役3年の最終判決を受け下獄,翌 45年第2次世界大戦終戦を目前にしながら長野刑務所で栄養失調のため獄死した。『戸坂潤全集』 (5巻,66~67) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

戸坂潤【とさかじゅん】

哲学者,評論家。東京生れ。新カント学派の認識論哲学の影響のもとに,京大在学中から空間論その他の科学論的研究に従事三木清後任として,1931年―1935年法政大学教授。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸坂潤 とさか-じゅん

1900-1945 昭和時代前期の哲学者。
明治33年9月27日生まれ。昭和4年大谷大教授。三木清の影響で新カント主義からマルクス主義に移行。6年三木の後任として法大講師となる。三枝博音(さいぐさ-ひろと)らと唯物論研究会を組織,雑誌「唯物論研究」などでファシズム批判を展開。13年治安維持法により検挙され,昭和20年8月9日長野刑務所で獄死。46歳。東京出身。京都帝大卒。著作に「日本イデオロギー論」「科学論」など。
【格言など】世界のファッショたちは押しなべて道徳屋であることは有名である。彼らはすべて風紀屋である(「検閲下の思想と風俗」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とさかじゅん【戸坂潤】

1900‐45(明治33‐昭和20)
哲学者。東京に生まれ,京都大学に学び,はじめ数理哲学や空間論など自然科学の基礎を考究したが,やがて三木清の影響でマルクス主義に転じた。そして,非合理的な国家主義,日本主義が台頭し,ファシズム体制が強化される時代のなかで,哲学を〈思想の科学〉としてとらえ,それを社会に対する科学的〈批評〉として働かせる〈クリティシズム〉の確立を目ざした。1932年〈唯物論研究会〉を創立し,雑誌《唯物論研究》を創刊して,多彩な批評活動を行うとともに,自然科学と社会科学を世界観的に統一する科学方法論の課題を追求したが,やがて38年唯物論研究会は解散を命ぜられ,みずから治安維持法違反で検挙された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とさかじゅん【戸坂潤】

1900~1945) 哲学者・評論家。東京生まれ。京大卒。新カント派からマルクス主義的立場に転じ、主に科学方法論・イデオロギー論に関心を寄せる。唯物論研究会を創立し、時の反動化に抗したが、治安維持法により検挙、1944年(昭和19)下獄、翌年、長野刑務所で獄死。著「日本イデオロギー論」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸坂潤
とさかじゅん
(1900―1945)

哲学者。東京生まれ。第一高等学校を経て京都帝国大学文学部哲学科に進み、1924年(大正13)卒業。当時は新カント学派の思想圏内にいたが、卒業論文で扱った空間論を卒業後も研究し、次々に論文を発表していく過程で空間の客観的実在性に至り、唯物論へ移行した。この思想発展の到達点は、1931年(昭和6)の論文「空間論」にみられる。他方、1929年最初の著書『科学方法論』を上梓(じょうし)、これは、科学的認識というものを現実の生活と関連させてとらえ直すことが必要である、という問題意識にたって、学問を含む実生活の全領域を「方法」という観点から理論的に統括する新しい学問論を目ざしたものである。1931年法政大学教授。翌1932年、岡邦雄(おかくにお)(1890―1971)、三枝博音(さいぐさひろと)らと唯物論研究会を設立、会の研究・出版・組織活動を指導するとともに、確固たる「科学的精神」をもって、科学、技術、政治、イデオロギー、文芸、風俗その他の社会現象全般を批判する評論活動(クリティシズム)を精力的に展開、これはファシズムの野蛮・非合理主義との闘いにほかならなかった。その優れた記録の一つが『日本イデオロギー論』(1935)である。また、自然科学的世界と社会科学的世界との統一という課題にも取り組み、1935年『科学論』を公刊。同年に失職。以後、唯研の指導と執筆に専念したが、1937年執筆を禁止され、翌1938年唯研が解散、検挙され、昭和20年8月9日、長野刑務所で死去した。[秋間 実]
『『戸坂潤全集』5巻・別巻1(1966~1967、1979・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の戸坂潤の言及

【科学史】より

…また1910年代から科学啓蒙活動や科学論に対する関心が生まれ,啓蒙誌《現代之科学》が刊行(1913)されたり,田辺元の《科学概論》(1918)が現れ,22年のアインシュタインの来日によってこうした傾向は頂点を迎える。時代の展開とともにマルクス主義の分野からも強い科学への傾斜が生まれ,32年唯物論研究会の設立に伴い,岡邦雄,戸坂潤,三枝博音らの活躍は目覚ましかった。彼らの関心は当然ながら科学史(知識の歴史)にも向かった。…

【マルクス】より

…完結1935)。30年代になると,ロシア・マルクス主義の解釈体系が日本のマルクス主義者のあいだでも主流を占めるようになったが,それでも野呂栄太郎の日本資本主義論をはじめ,歴史的研究の分野でマルクスの理論を創造的に適用する一連の業績が現れたし,河上肇や櫛田民蔵らをはじめとするマルクス経済学や社会理論,歴史理論の独創的解釈が試みられ,戸坂潤に指導された〈唯物論研究会〉のマルクス主義哲学の分野での意欲的な展開も行われた。しかし,日本におけるマルクス主義は,日本軍国主義体制の徹底的な弾圧により,社会運動の方面はもとより理論活動の方面でも第2次世界大戦の終戦(1945)まで雌伏を余儀なくされた。…

【唯物論研究】より

…同年11月創刊。同会は唯物論の学問的研究団体として設立され,岡邦雄,戸坂潤ら唯物論者を中心に多彩なメンバーを結集し,毎月定期に研究会,小集会を開いて活動した。非政治的活動のため弾圧は免れ,35年ころからは唯一の進歩的研究会として知識人,学生に大きな影響を与えた。…

※「戸坂潤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

戸坂潤の関連キーワード新興科学の旗のもとに思想(学術雑誌)行動主義文学高倉 徳太郎本間 唯一史的唯物論三枝 博音9月27日永田 広志岩倉 政治古在 由重新カント派岩倉政治風俗小説近代芸術滝口修造古在由重白井晟一近藤洋逸岡 邦雄

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸坂潤の関連情報