コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近衛基嗣 このえ もとつぐ

2件 の用語解説(近衛基嗣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近衛基嗣 このえ-もとつぐ

1305-1354 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
嘉元(かげん)3年生まれ。近衛経平(つねひら)の子。元徳3=元弘(げんこう)元年左大臣となるが,光厳天皇退位にともなって官職をとめられる。建武(けんむ)4=延元2年復帰して関白,氏長者。従一位。文和(ぶんな)3=正平(しょうへい)9年4月8日死去。50歳。号は後岡屋(ごおかのや)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

近衛基嗣

没年:文和3/正平9.4.8(1354.5.1)
生年:嘉元3(1305)
鎌倉時代後期から南北朝時代の公家。父は近衛経平。正和5(1316)年閏10月従三位・非参議。元弘1(1331)年2月左大臣となるが,同3年5月後醍醐天皇の詔により停止。建武4/延元2(1337)年4月北朝の下で関白。南朝に走った従兄弟の経忠と家門を争う。号は後岡屋関白。

(森茂暁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近衛基嗣の関連キーワード世尊寺伊俊南北朝時代向阿吉野朝時代周豪枢翁妙環末兼鷹司冬教松浦定良阿

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone