コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

返り忠 カエリチュウ

デジタル大辞泉の解説

かえり‐ちゅう〔かへり‐〕【返り忠】

主君に背いて敵方に通じること。裏切り。また、いったん背いた者が、再び忠義を尽くすこと。
「―を、真の忠誠だと看ることは、生れ附いた人間の感情が許さない」〈鴎外大塩平八郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かえりちゅう【返り忠】

主君にそむき裏切りの行為をはたらくこと。内応・内通と同義で,自軍の機密を敵に告げたり,敵を陣営内に導くこともこれに含まれる。古く《将門記》で乗馬の郎等にとりたてることを条件に平将門陣営の石井営所(いわいのえいしよ)に手引きをした丈部子春丸の例はこれにあたる。もっとも〈返忠〉の語自体,主君への忠義という観念が生まれる後世のものではあるが,古来合戦にさいしての裏切りは常であった。ほかにも〈すはや城中に返忠の者出来て,火を懸けたる〉とある《太平記》の描写に見られるような,放火による攪乱行為も含めて,戦場における敵軍との呼応は返り忠のさいたるものであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かえりちゅう【返り忠】

主君に背いて、敵側の主君に仕え忠義を尽くすこと。裏切り。 「他人の口よりもれぬ先に-して/平家 2
いったん背いた者が、再びもとの主君に忠義を尽くすこと。 「 -せられたりければ、時の人後に忠小別当とぞ咲わらはれける/平治

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

返り忠の関連キーワード梅屋平吉(2代)四宮与吉兵衛主君

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android