コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

返り忠 カエリチュウ

3件 の用語解説(返り忠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かえり‐ちゅう〔かへり‐〕【返り忠】

主君に背いて敵方に通じること。裏切り。また、いったん背いた者が、再び忠義を尽くすこと。
「―を、真の忠誠だと看ることは、生れ附いた人間の感情が許さない」〈鴎外大塩平八郎

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かえりちゅう【返り忠】

主君にそむき裏切りの行為をはたらくこと。内応・内通と同義で,自軍の機密を敵に告げたり,敵を陣営内に導くこともこれに含まれる。古く《将門記》で乗馬の郎等にとりたてることを条件に平将門陣営の石井営所(いわいのえいしよ)に手引きをした丈部子春丸の例はこれにあたる。もっとも〈返忠〉の語自体,主君への忠義という観念が生まれる後世のものではあるが,古来合戦にさいしての裏切りは常であった。ほかにも〈すはや城中に返忠の者出来て,火を懸けたる〉とある《太平記》の描写に見られるような,放火による攪乱行為も含めて,戦場における敵軍との呼応は返り忠のさいたるものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かえりちゅう【返り忠】

主君に背いて、敵側の主君に仕え忠義を尽くすこと。裏切り。 「他人の口よりもれぬ先に-して/平家 2
いったん背いた者が、再びもとの主君に忠義を尽くすこと。 「 -せられたりければ、時の人後に忠小別当とぞ咲わらはれける/平治

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

返り忠の関連キーワード違法裏切り逆悪賊臣背き背き罪作り不正二心叛戻裏切りの国

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone