迦膩色迦(読み)カニシカ

精選版 日本国語大辞典「迦膩色迦」の解説

カニシカ【迦膩色迦】

(Kaniṣka) インドのクシャン朝の王。先王時代の分裂状態を統一して、王朝最盛期現出領土は、西北トルキスタンから、東南は北インド一帯に及んだ。晩年仏教を保護し、首都プルシャプラ(現在のペシャワル)に大塔寺院建立、第三回の仏典結集(けつじゅう)を行なった。カニュシカ。カニシカ王。生没年不詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「迦膩色迦」の解説

カニシカ(Kaniṣka)

2世紀ころの古代インドのクシャン朝国王。王朝の最盛期を現出した。仏教を保護し、首都プルシャブラに寺院を建立、また仏典結集けつじゅうを行った。カニュシカ。迦膩色迦。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android