コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通商拓殖院 つうしょうたくしょくいんBoard of Trade for the Plantation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通商拓殖院
つうしょうたくしょくいん
Board of Trade for the Plantation

1696年イングランド国王ウィリアム3世によって任命されたイギリス本国の貿易と植民地の統轄にあたる枢密院直属の諮問機関。その権限は貿易と漁業のみならず,貧窮者の世話,植民地問題,植民地官吏の任命,推薦,植民地議会による諸立法と枢密院への報告書の審査などに及んだ。 18世紀前半その権限は縮小されたが,1748~61年ハリファックス卿のもとで権限が復活され植民地行政に大きな役割を果した。 68~82年ヒルズバラ卿は国務大臣と通商拓殖院議長を兼任した。イギリス重商主義の植民地支配機構として重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

通商拓殖院の関連キーワード土佐光成御当家令条ラ・ブリュイエールバンブルー神呪寺源註拾遺セビニェティエポロ徳川宗春名古屋玄医

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android