コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

速水房常 はやみ ふさつね

3件 の用語解説(速水房常の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

速水房常

国学者。京都の人。号方巾斎。名房常・常房。壷井義知の門に入り修学し、有職故実に精しく殊に律令格式を研究して系譜に精進し、又和歌をよくする。『職原須知』『掌東問答』『見聞私記』等著あり。明和6年(1769)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

速水房常 はやみ-ふさつね

1700-1769 江戸時代中期の有職(ゆうそく)家。
元禄(げんろく)13年生まれ。京都の人。壺井義知(つぼい-よしちか)にまなび,律令格式(りつりょうきゃくしき)の研究で知られた。明和6年2月4日死去。70歳。通称は小一郎。号は方巾斎。名は常房とも。著作に「禁秘抄註」「公事根源愚考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

速水房常

没年:明和6.2.4(1769.3.11)
生年:元禄13(1700)
江戸中期の有職故実家。名は常房ともいう。通称,小一郎。号は方巾斎,洛下陳人。京都の人。壺井義知に有職故実を学ぶ。ことに律令格式および職官に詳しかった。『改正増補諸家知譜拙記』『年号便覧』『万世雲上明鑑』『本朝紹運続録』などを編纂。また,『公事根源愚考』『禁秘抄註』などの注釈書を出版してその啓蒙に貢献した。

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

速水房常の関連キーワード滋野井公麗安斎随筆武家名目抄北山抄有職故実礼儀類典故実家大塚蒼梧木原楯臣松岡行義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone