速水房常(読み)はやみ ふさつね

美術人名辞典の解説

速水房常

国学者。京都の人。号方巾斎。名房常・常房。壷井義知の門に入り修学し、有職故実に精しく殊に律令格式を研究して系譜に精進し、又和歌をよくする。『職原須知』『掌東問答』『見聞私記』等著あり。明和6年(1769)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

速水房常 はやみ-ふさつね

1700-1769 江戸時代中期の有職(ゆうそく)家。
元禄(げんろく)13年生まれ。京都の人。壺井義知(つぼい-よしちか)にまなび,律令格式(りつりょうきゃくしき)の研究で知られた。明和6年2月4日死去。70歳。通称は小一郎。号は方巾斎。名は常房とも。著作に「禁秘抄註」「公事根源愚考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

速水房常

没年:明和6.2.4(1769.3.11)
生年:元禄13(1700)
江戸中期の有職故実家。名は常房ともいう。通称,小一郎。号は方巾斎,洛下陳人。京都の人。壺井義知に有職故実を学ぶ。ことに律令格式および職官に詳しかった。『改正増補諸家知譜拙記』『年号便覧』『万世雲上明鑑』『本朝紹運続録』などを編纂。また,『公事根源愚考』『禁秘抄註』などの注釈書を出版してその啓蒙に貢献した。

(白石良夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android