速筆(読み)そくひつ

精選版 日本国語大辞典「速筆」の解説

そく‐ひつ【速筆】

〘名〙
① 書の用筆法の一つ。遅筆に対して行のはやいことをいう。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉筆蹟の大切なること「筆法の練習を為さねば省筆の法が解らぬから、速筆(ソクヒツ)の様でも其実遅筆で、教場の速記が思ふ様に出来ない」
文章などの書き方がはやいこと。
※シェークスピアの本体(1933)〈菊池寛〉「彼の速筆は我国の近松の如く有名で、その劇場に呈出した脚本には、書直しが一個所もなかったと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android