省筆(読み)ショウヒツ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ひつ〔シヤウ‐〕【省筆】

[名](スル)
文章を書くとき、語句を省略したり細かいところは触れずにすませたりすること。省文(せいぶん)。せいひつ。「これよりは省筆する」
漢字の点画を省略して書くこと。省文(せいぶん)。せいひつ。「省筆せず、すべて正字で書く」

せい‐ひつ【省筆】

[名](スル)
しょうひつ(省筆)1」に同じ。
「ここらで―をするのは、読者に感謝して貰っても好い」〈鴎外・カズイスチカ〉
しょうひつ(省筆)2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

省筆の関連情報