コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造国 ゾウコク

3件 の用語解説(造国の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐こく〔ザウ‐〕【造国】

平安中期から鎌倉時代にかけて皇居や寺社の造営を朝廷から請け負った国。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうこく【造国】

平安中期から南北朝初期にかけ,内裏・大寺社などの造営・修理を負担した国。功国ともいう。平安中期以降,律令制が崩れ朝廷の財政が行き詰まってくると,朝廷はそれまで朝廷が行っていた内裏再建や,多く律令制収税体系にたよっていた大寺社の造営・再建を,独立建築物ごとにいくつかの国に分担させるようになった。これが造国で,一つの殿舎等を一部ずつ数ヵ国に分担させた場合にはこれを所課国といった。造国方式がとられた最初は,973年(天延1)に焼亡した薬師寺再建のときとされ,以後平安後期から鎌倉時代にさかんに用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぞうこく【造国】

平安中期から鎌倉時代にかけて、朝廷の行う皇居・神社・寺院などの建造・修理を請け負わされた国。造営料国。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造国の関連キーワード備中物桃割れ青江物縁かいな節古備前前太平記伊達模様鉛銭奴島田品治部広耳

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

造国の関連情報