コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造国 ゾウコク

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうこく【造国】

平安中期から南北朝初期にかけ,内裏・大寺社などの造営・修理を負担した国。功国ともいう。平安中期以降,律令制が崩れ朝廷の財政が行き詰まってくると,朝廷はそれまで朝廷が行っていた内裏再建や,多く律令制収税体系にたよっていた大寺社の造営・再建を,独立建築物ごとにいくつかの国に分担させるようになった。これが造国で,一つの殿舎等を一部ずつ数ヵ国に分担させた場合にはこれを所課国といった。造国方式がとられた最初は,973年(天延1)に焼亡した薬師寺再建のときとされ,以後平安後期から鎌倉時代にさかんに用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぞうこく【造国】

平安中期から鎌倉時代にかけて、朝廷の行う皇居・神社・寺院などの建造・修理を請け負わされた国。造営料国。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

造国の関連キーワードクリアリング・ハウス・システム日本21世紀ビジョン函館(市)新安保懇安倍久頼旧事本紀造営料国造国司国造国記建造寺院

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android