コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連帯保証 (連帯保証人) れんたいほしょう(れんたいほしょうにん)

不動産用語辞典の解説

連帯保証 (連帯保証人)

保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担することを「連帯保証」といいます。連帯保証も保証の一種ですから、主たる債務に服従し、主たる債務者に生じた事由は、原則として連帯保証人にも効力を生じます。
しかし半面、連帯保証には連帯債務の規定が適用され、例えば連帯保証人に対する請求は、主たる債務者に対しても時効中断の効力を生じます。また、普通の保証と違い、催告の抗弁権および検索の抗弁権はなく、債権者から請求があれば、連帯保証人は直ちに弁済の責任を負うことになります。
この点から連帯保証は、普通の保証よりも担保性が強いことになります。
連帯保証人が弁済したときは主たる債務者に求償権を有することは、普通の保証と同じです。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について | 情報

連帯保証 (連帯保証人)の関連キーワード有料老人ホームと入居一時金キャッシュ・クレジット整理回収機構(RCC)生活福祉資金貸付制度リバース・モーゲージマイクロファイナンス住宅ローン保証保険保証債務の履行と税個人版の私的整理生活福祉資金貸付総合支援資金制度グラミン銀行家賃保証業務家賃保証会社事業者金融家賃保証業商工ローン保証債務利益相反共同保証

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android