コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求償権 きゅうしょうけん

5件 の用語解説(求償権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

求償権
きゅうしょうけん

ある人が他人との法律関係不利益を受け,他方,その不利益の効果として第三者が利益を得た場合に,不利益を受けた者が損害賠償の形でその不利益を第三者から償還請求することのできる権利をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうしょう‐けん〔キウシヤウ‐〕【求償権】

他人の債務弁済した者が、その他人に対して返還の請求をする権利。連帯債務者や保証人が債務を弁済したときなどに生じる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうしょうけん【求償権】

債権者に対して債務を弁済した者が,一定の法律上の理由にもとづいて他の者に対し,その者が負担すべき部分の返還を請求する権利をいう。求償権は民法上いろいろの場合に生じる。たとえば,連帯債務者の一人あるいは保証人が債権者に対して弁済し,それによって他の連帯債務者あるいは主たる債務者が債務を免れた場合,弁済した連帯債務者は他の連帯債務者に対しその者の負担すべき部分につき求償権を有し(民法442条),保証人は主たる債務者に対して求償権を有する(459条以下)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうしょうけん【求償権】

債務を弁済した者が、支出した金額の全部または一部を、それを負担すべき者に請求できる権利。連帯債務者の一人や保証人が債務を弁済した場合などに生じる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

求償権
きゅうしょうけん

他人のために債務を弁済した者が、その他人に対して、返還または弁済を求めることを内容とする返還請求権をいう。たとえば、連帯債務者の1人、保証人、物上保証人などが債務を弁済した場合に、他の連帯債務者がそれによって債務を免れたとき、その分について返還を求める場合(民法442条・459条・460条・465条・351条・372条)などである。そのほか、他人の行為によって損害賠償を負う者がその他人に対して弁済を求める場合(たとえば被用者の行為によって使用者が賠償義務を負担する場合―民法715条3項、ほかに477条・717条3項、国家賠償法1条2項・2条2項・3条2項)や、債務の弁済によって不当利得を生じた場合(民法481条2項・707条2項)の返還請求などについても求償(権)の語が用いられる。なお、他人のために損害を受けた者が、その賠償を請求することを求償という場合もある(民法934条2項・947条3項)。[川井 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の求償権の言及

【国家賠償】より

…適用例としては,道路が圧倒的に多いが,最近では水害など河川関係も注目を集めている。なお国家賠償法は,真の損害発生原因者が他にある場合には,〈国〉は支払った賠償金をその者に請求することを認めている(求償権。1条2項,2条2項,3条2項)。…

【保証】より

…たとえば,保証人に対して債権譲渡の対抗要件たる通知をしても主たる債務者に通知したことにはならないし,保証人が債務の承認をしても主たる債務の時効を中断しない。
[保証人の求償権]
 保証人は,債権者との関係では自分の債務(保証債務)を弁済するものであるが,主たる債務者との関係ではその者の債務を弁済する実質を有するから,保証債務を履行した場合には,主たる債務者に対してその分の返還を求める(求償する)ことができる。これを保証人の求償権という。…

※「求償権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

求償権の関連情報