コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連帯性 れんたいせいsolidarity

翻訳|solidarity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連帯性
れんたいせい
solidarity

法律用語 (連帯責任連帯保証) に由来し,社会学や哲学においては A.コント以後広まった概念。広い意味では社会の成員が等しくおかれている相互依存の関係をいうが,これが特に人間的な事実であることから,それを強調して実践的価値とし,同じ社会の成員同士が助け合うべき議論をもさす。義務としての連帯性は,キリスト教的愛 (慈善) が富者から貧民への一方的なものであり,また正義があまりに狭い概念であるのに対立し,市民社会にふさわしい道徳形態とみられる (この立場を連帯主義と呼ぶ) 。なお E.デュルケムは各人の類似性に基づく機械的連帯分業に基づく有機的連帯とを区別し,社会形態の面からその推移を説いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

連帯性の関連キーワードターナー(Victor W. Turner)コミュニティ・デベロップメントブルーカラー・ホワイトカラー植民地ナショナリズム全米相互援助条約アラブ民族主義リーダーシップ経済発展段階説トーテミズムモンゴル帝国コミュニティ職業社会学産業社会学コミューンギュイヨーアザンデ族産業型社会ニューカムグロッツキャンプ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連帯性の関連情報