コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連帯主義 れんたいしゅぎ solidarism

2件 の用語解説(連帯主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連帯主義
れんたいしゅぎ
solidarism

人間や人間の行為ないしその所産相互の間の結びつきや依存関係を強調する立場。その連帯性を,事実としていう場合にも,またこれになんらかの規範的側面を認める場合にも使われる。前者の場合,É.デュルケム機械的連帯から有機的連帯への社会発展図式が有名である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

連帯主義【れんたいしゅぎ】

19世紀末―20世紀初頭に主張された社会・政治思想。一方では,集権主義的性格の強い社会主義に,他方では古典的な自由主義に対抗して主張された。社会を社会成員の相互依存関係を基礎としてとらえる観点から,具体的な形態はさまざまだが,おおむね,各人が能力に応じて社会に奉仕するという社会を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の連帯主義の言及

【社会的連帯】より

…個人および各種類の集団(民族や国家も含む)が相互的な依存関係のなかで形成している密接な結合状態をいう。連帯責任,階級的連帯,連帯主義などといわれる。相互に結びついている形態や結びつきの深さ,結びつきを左右する動機や根拠とその確定の程度,その結びつきの媒体となる紐帯およびその紐帯の強さには,いくつもの種類とさまざまな度合がある。…

※「連帯主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

連帯主義の関連キーワード児童画新教育運動バガモヨアナルコサンジカリスムアラード要塞シナイア修道院モンデッロチフテの塔ムハラクキトラ古墳と四神図

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連帯主義の関連情報