コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連想語検査 れんそうごけんさword association test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連想語検査
れんそうごけんさ
word association test

C.G.ユングらによって考案された精神診断検査の一種。被験者にいくつかの単語を1語ずつ読んで聞かせ,連想した言葉を言わせたり,反応時間を測定したりして診断の資料とする。 G.ケントと A.J.ロザノフが考案したケント=ロザノフテストは 100の刺激語から成り,反応語は被験者の個人的経験,思想,態度,願望,コンプレックスなど諸精神内容の投射であるという考えに基づいて構成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android