コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進歩党[日本] しんぽとう[にほん]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

進歩党[日本]
しんぽとう[にほん]

日本の政党。 1896年3月1日に立憲改進党を中心として,立憲革新党,中国進歩党,大手倶楽部,帝国財政革新会,越佐会が合同して結成。所属議員 99名で出発した。党首は大隈重信責任内閣制,財務整理,国権拡張などを主張したが,9月に松方正義内閣が成立するとともにその与党となり,大隈が外相として入閣した。しかし,進歩党系の官界進出とともに官僚勢力との間の抗争が絶えず,松方が地租増徴案を提起したことから対立が激化,97年 11月松方内閣との提携を断絶し,同内閣は崩壊した。 98年1月に第3次伊藤博文内閣が成立すると,自由党と反政府連合をつくり,6月に両党が合同して憲政党を結成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

進歩党[日本]の関連キーワード樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣シモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)ラザフォード(1st Baron Rutherford of Nelson Ernest Rutherford)[各個指定]芸能部門ピエール キヤールたけくらべ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android