コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進行性核上性まひ しんこうせいかくじょうせいまひ Progressive Supranuclear Palsy

1件 の用語解説(進行性核上性まひの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんこうせいかくじょうせいまひ【進行性核上性まひ Progressive Supranuclear Palsy】

[どんな病気か]
 歩行障害(歩き方が不安定になって、後方へ転びやすい)、眼球(がんきゅう)の運動障害(下を見ることが困難になるために、階段を下りられなくなる)などの症状で発症します。
 頸部(けいぶ)(くび)や躯幹(くかん)(胴体)の筋肉に、ジストニア(筋肉の強いねじれ)や固縮(こしゅく)(筋肉がかたくなる)といった、こわばりが強くなります。また、パーキンソン病の前屈姿勢とは対照的に、頭部を後屈させた状態がみられます。
 さらに進行すると、嚥下困難(えんげこんなん)(ものが飲み込みにくい)、中等度の認知症なども加わります。
 中年以降に発症し、4~7年で死亡することが多いものです。
[治療]
 大脳基底核(だいのうきていかく)の変性疾患として、パーキンソン病(「パーキンソン病(特発性パーキンソニズム)」)と類似の病気と考えられ、抗パーキンソン病薬が用いられますが、効果は十分ではありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

進行性核上性まひの関連キーワード禹歩蹠行性中捻り何心地不死身プリマドンナ病は気から歩きタバコ下ろし歩み難波歩き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

進行性核上性まひの関連情報