コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅延型フードアレルギー ちえんがたふーどあれるぎー Delayed-Type Food Allergy

1件 の用語解説(遅延型フードアレルギーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

遅延型フードアレルギー

アレルギーの原因となる食物を摂取後、数時間から数日後に症状が現れる食物アレルギー。特定の食物が過剰摂取となって腸管に詰まり、アレルギー反応を引き起こす。食物を摂取後、数秒から1時間以内で症状が現れる即時型フードアレルギーのように命に関わるような重篤な症状が現れることはまれだが、頭痛やうつなどの精神神経症状、慢性疲労や便秘・下痢などの腹部症状、湿疹やアトピー性皮膚炎といった皮膚症状など、多様な症状が出現する。原因となる食物の特定がしにくいのが特徴で、原因がはっきりしない様々な健康障害への関与が指摘されている。原因となる食物を特定する血液検査は米国で先行しており、日本でも検査を受けられる医療機関が増えつつある。

(2013-9-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遅延型フードアレルギーの関連キーワード維持の正味エネルギーエネルギーコントロール食可消化エネルギー牛乳アレルギー食物摂取食物不耐代謝性糞中エネルギー遅延アレルギーみかけの可消化エネルギーヴォーンの白血球減少指数

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone