遅蒔・晩蒔(読み)おそまき

精選版 日本国語大辞典「遅蒔・晩蒔」の解説

おそ‐まき【遅蒔・晩蒔】

〘名〙
時節に遅れて種子をまくこと。また、その品種。
※俳諧・別座鋪(1694)「取分て今年は晴るるの月〈子珊〉 まだ花もなき蕎麦の遅蒔〈杉風〉」
② (形動) 時機に遅れて事をすること。また、そのさま。手遅れ。現代では、多く「ながら」「でも」など逆接の表現を伴って用いる。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)鄙「貴さまは、二三が此比の事御存ないか。近比それはおそまき也」
※怒りの花束(1948)〈中野好夫〉「おそまきながら私たちは考えなければならないのであります」
③ 幼児の知恵の発達がおそいこと。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android