コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊佐長教 ゆさ ながのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遊佐長教 ゆさ-ながのり

?-1551 戦国時代の武将。
河内(かわち)(大阪府)高屋城主。河内守護畠山稙長(たねなが),政国(まさくに)に属し,守護代をつとめる。天文(てんぶん)3年稙長を廃し,その弟長経を家督にすえた。のち三好長慶(ながよし)とむすび娘をとつがせている。天文20年5月5日将軍足利義輝(よしてる)の刺客に暗殺された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

遊佐長教

没年:天文20.5.5(1551.6.8)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。河内守。遊佐氏はもと出羽(山形県)の国人で,南北朝期に畠山国清の被官となり,伊豆・越前の守護代,次いで河内の守護代をほぼ世襲した。長教は畠山稙長・政国のもとで守護代を務め,高屋城を守備。天文16(1547)年7月摂津舎利寺で三好長慶に大敗,のち和睦。娘を長慶に嫁がせ,岳父として三好政権の支柱となった。同20年5月,還京を狙う将軍足利義輝の放った刺客により高屋城中で暗殺された。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

遊佐長教の関連キーワード三好義賢畠山高政細川氏綱木沢長政遊佐

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android