コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守護代 しゅごだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

守護代
しゅごだい

守護の代官。鎌倉時代の守護は任地に赴任しない者が多かったので,任国には代官がおかれたが,多くは在地の有力御家人が任命され,1ヵ国に複数の代官が存在した。室町時代には在京守護代と在国守護代があったが,守護大名領国制が展開する過程で,領国支配を強化するため,有力被官を在国守護代として領国内に配置した。守護大名の勢力が衰えてくると,守護代が守護に代って領国を支配するようになり,武士の組織化を意図して戦国大名に成長する者が現れた。戦国大名朝倉氏織田氏長尾氏などはいずれも守護代から発展成長したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅご‐だい【守護代】

中世、任国に赴いて守護職務を代行した人。守護代官。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

守護代【しゅごだい】

鎌倉・室町期に守護の職務を代行した役人。一般に官職を当人の身代りとして行使するものを代官とよぶが,守護代もその一形態。在国しない守護の職権全般を代行する守護代は,当該国守護所に常駐して実務を遂行するのが通例であった。
→関連項目安東蓮聖遠敷岐阜城

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅごだい【守護代】

守護の職務を代行する役人。一般に官職を当人の身代りとして行使する者を代官と呼ぶが,武家の世界では古く平安時代より,一族・従者の中からしかるべき者が代官となる慣行ができていた。守護代もその一形態であるが,鎌倉幕府草創から戦国時代に至るまで,一大武士が数ヵ国の守護を兼ねる例があり,またそうでなくとも守護正員(せいいん)は戦闘や上洛・参府ないし同地での居住などにより在国しないことが多く,加えて現地への支配を代官によって浸透させようともしたから,守護の職権全般を代行する守護代は守護にとって一貫して不可欠な存在であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅごだい【守護代】

守護の代官。在国しない守護に代わり行政にあたった者。守護代官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

守護代
しゅごだい

中世守護の私的な代官。守護の一族や譜代直臣(ふだいじきしん)、あるいは有力国人(こくじん)、国衙目代(こくがもくだい)などが登用された。中世の守護は鎌倉や京都に在住するのが原則で、任国の統治は守護代以下に担われていた。守護領国制展開の現実の担い手も彼らであった。幕命遵行(じゅんぎょう)手続の一環に位置した点では公的性格も随伴していたといえる。しかし畿内(きない)・近国で細川・畠山(はたけやま)氏などの守護代となった長塩(ながしお)・薬師寺(やくしじ)氏や遊佐(ゆさ)・神保(じんぼ)氏などは非国人で、ほとんど在京していたため、郡単位の小守護代が在地支配の中核となった。有力国人の守護代登用は播磨(はりま)の浦上(うらがみ)氏、近江(おうみ)の伊庭(いば)氏などと多く、また武蔵(むさし)の大石氏、播磨の小河(こかわ)氏などは目代や在庁(ざいちょう)有力者の守護代の例である。越前朝倉(えちぜんあさくら)氏、越後長尾(えちごながお)氏などのように戦国大名化するものもあった。[田沼 睦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の守護代の言及

【眼代】より

…鎌倉時代の武家の職名で,本官の代理の職すなわち代官をさす言葉として用いられた。多く守護代・地頭代の別称として用い,その耳目に代わる意から,国司の目代(もくだい)と区別するために眼代とよばれた。《武家名目抄》には〈眼代を目代といふに同しく人の耳目に代るのこころなり。…

【守護領】より

…鎌倉時代の守護領として伝統的な有勢国衙在庁の所領・所職が代々継承されていることは,若狭国守護が国衙在庁稲葉権守時定跡の税所職とそれに付随する広大な今富名,国府近辺の国衙領,要港小浜等の諸浦を領有した事例などにもみられる。藤原親実のあと再び安芸守護に任ぜられた武田氏は,守護=在国司体制を継承するとともに,在庁福島氏を被官化して守護代に任じるなど国衙在庁の個別的掌握をも強め,それを室町幕府下においても維持し,国内支配に有効に作用させた。 室町幕府新任の守護は,播磨赤松氏のように国内に勢力をはる地頭系領主,周防大内氏のような国衙在庁系領主,任国に基盤を有していなかった足利氏一門などその出自に差異はあるが,国衙機構を掌握して国の唯一の支配者になるなかで,鎌倉時代の守護所領をある程度継承し,勲功の賞,敵方闕所(けつしよ)地,半済(はんぜい),押領等によってそれを拡大強化していった。…

【代官】より

…これは,地頭の在地支配が鎌倉時代の中ごろ以降,村落の在地世界にふかく食い込み,その共同体機能を強力に把握するようになったことの現れであった。 このほか,やはり鎌倉御家人である守護の代官に守護代がある。守護は本来,鎌倉将軍の手先となって,全国の御家人を一国ごとに統轄する役割を任じられていたが,鎌倉時代も早いころから,在地の武士を自己の代官(守護代)に任じて,その国を自己の勢力下におく傾向を現しはじめた。…

※「守護代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

守護代の関連キーワード御津[町]織田信秀万里集九畠山高政赤井家清稲葉一鉄千葉興常斎藤妙椿長尾為景上杉謙信甲斐常治斎藤資定長瀬泰貞三好長慶少弐頼尚尼子経久長尾能景遊佐長教遊佐国長長尾景忠

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守護代の関連情報