過悪(読み)かあく

精選版 日本国語大辞典 「過悪」の意味・読み・例文・類語

か‐あく クヮ‥【過悪】

〘名〙 不注意や考え違いによる失敗と、道徳宗教に反する悪い行為。過失と罪悪。
集義和書(1676頃)一〇「志のきどくなる所あるは誦経威儀なり、凡習の過悪をこまかに記したるものは感応篇なり」 〔春秋左伝注‐桓公一六年〕〔勝鬘経‐一乗章〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「過悪」の読み・字形・画数・意味

【過悪】か(くわ)あく

あやまち。〔周礼地官、州長〕正の吉、各州の民を屬(あつ)めて(法)を讀み、以て其のを攷(かんが)へて之れをめ、以て其の惡を(ただ)して之れを戒む。

字通「過」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android