コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道宝 どうほう

1件 の用語解説(道宝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道宝 どうほう

1214-1281 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)2年生まれ。九条良輔(よしすけ)の子。真言宗勧修寺(かじゅうじ)の成宝(じょうほう)のもとで出家し,嘉禎(かてい)3年同寺長吏。慈尊院の栄然より灌頂(かんじょう)をうけ,安祥寺の良瑜の法をつぐ。建治(けんじ)3年東寺長者・法務,後宇多天皇の護持僧となり,弘安(こうあん)元年大僧正。のち大安寺別当,東大寺別当をつとめた。弘安4年8月7日死去。68歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道宝の関連キーワード喫茶養生記喫茶養生記少弐資能ワレル元寇比良山地佐々木高綱比良山武奈ヶ岳ベーコン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道宝の関連情報