コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道島五郎兵衛 みちじま ごろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道島五郎兵衛 みちじま-ごろべえ

?-1862 幕末の武士。
薩摩(さつま)鹿児島藩士。文久2年4月23日寺田屋事件のとき,島津久光の命をうけた鎮撫使(ちんぶし)8人のうちのひとり。田中謙助を上意討ちして乱闘の口火をきる。有馬新七と組み打ちとなったところを,有馬もろとも橋口吉之丞にさしつらぬかれ,ともに死去。名は正邦。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道島五郎兵衛の関連キーワードサイゴン条約黒住教バールセンブッセリチャードソンリッジウェー有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android