道徳的証明(読み)どうとくてきしょうめい

精選版 日本国語大辞典の解説

どうとくてき‐しょうめい ダウトク‥【道徳的証明】

〘名〙 (moralischer Beweis の訳語) 神の存在証明の一つ。現実にある道徳法則や世界の道徳的秩序を創造した者として神の存在を推論しようとするカルバンの論証。また、カントの「実践理性批判」で試みられた論証で、徳と幸福の一致という最高善の実現は、この現実の世界では不可能であるから、死後の世界でその実現を予想せざるを得ない、ところが死後の世界で賞罰を正当に与え得るものは神である、故に神は存在しなければならない、というもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android