コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道法法親王 どうほうほうしんのう

2件 の用語解説(道法法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道法法親王 どうほうほうしんのう

1166-1214 平安後期-鎌倉時代,後白河天皇の皇子。
仁安(にんあん)元年11月13日生まれ。母は法眼(ほうげん)応仁(おうにん)の娘。真言宗。仁和(にんな)寺で出家,兄守覚(しゅかく)法親王より灌頂(かんじょう)をうける。元暦(げんりゃく)2年親王となる。六勝寺検校(けんぎょう),仁和寺総法務をつとめ,後高野御室(おむろ)と称された。建保(けんぽ)2年11月21日死去。49歳。法名ははじめ尊性。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

道法法親王

没年:建保2.11.21(1214.12.23)
生年:仁安1.11.13(1166.12.7)
鎌倉初期の真言宗僧。後白河上皇の第8皇子。母は宮法眼応仁の娘。兄の守覚法親王の弟子となり,そのあとを受けて六勝寺検校など仏教界の重職にあって,後鳥羽上皇の修法を数多く勤めた。晩年の守覚とは不和を噂された。後高野御室と称される。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道法法親王の関連キーワード惟宗俊海定兼平教子宅磨為辰宅磨為久如来尼本田次郎正恒(2)頼円(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone