コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達磨菊(読み)ダルマギク

デジタル大辞泉の解説

だるま‐ぎく【達磨菊】

キク科の多年草海岸の岩に生え、高さ30~60センチ。よく枝分かれし、茎・葉に毛が多くビロード状になる。秋、周囲が青紫色で中心が黄色の頭状花を開く。観賞用に栽培

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だるまぎく【達磨菊】

キク科の多年草。海岸の岩上に生え、また観賞用に栽培。茎は木質化しよく分枝する。葉は密に互生し、倒卵へら形で毛が多い。秋、枝先に頭花をつけ、舌状花は青紫色で美しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

達磨菊 (ダルマギク)

学名:Aster spathulifolius
植物。キク科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android