達識(読み)タッシキ

大辞林 第三版の解説

たっしき【達識】

物事の全体を広く見通す、優れた見識。達見。 「高才-の人を普あまねく網羅して/自由之理 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たっ‐しき【達識】

〘名〙 すぐれた判断力や広い知識に基づく、全体的な視野に立った見解。見。〔文明本節用集(室町中)〕
※日本教育策(1874‐75頃)〈森有礼編〉合衆国教育概略「校中各科達識碩学の師咸く備る」 〔崔融‐報李少府書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android