遠くの親類より近くの他人(読み)とおくのしんるいよりちかくのたにん

ことわざを知る辞典の解説

遠くの親類より近くの他人

遠方に住む身内よりも、日常のつきあいのある隣近所の他人の方が頼りになる。

[使用例] 遠い親類より近くの他人さ、これからはなんでも相談して下さいよ[平岩弓枝*旅路|1967]

[解説] 「親類」は、古くは「親子」といい、後に「一家」や「親類」へと変化しました。近隣同士のつきあいを重視する感覚は、都市生活の発達に伴って生まれたものでしょう。

[類句] 遠き親子より近き隣/遠い一家より近い他人

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とおくの親類しんるいよりちかくの他人たにん

遠方にいる親類よりも近隣にいる他人の方が頼りになる。また、疎遠な親類よりも親密な他人のほうが助けになる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android