コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠刈田[温泉] とおがった

百科事典マイペディアの解説

遠刈田[温泉]【とおがった】

宮城県刈田(かった)郡蔵王町,蔵王山東麓,松川沿いの開けた地にある。17世紀初めに開湯したと伝え,《安永風土記》には効能などが記される。ラジウムを多く含む炭酸泉。
→関連項目蔵王[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とおがった【遠刈田[温泉]】

宮城県南部,刈田郡蔵王町にある温泉。蔵王山東麓,松川北岸にあり,単純泉食塩泉,46~68℃。古くは湯刈田と呼ばれ,金売吉次の発見という伝説をもち,蔵王権現への登拝客の精進落しの場としてにぎわった。刈田岳(1758m)に通じる自動車道完成後は蔵王観光,登山,スキーの基地となり浴客を集めている。白石よりバスが通じる。南方1kmの新地(しんち)は江戸時代からの木地師集落で,こけし(遠刈田系)の産地として知られ,こま,笛類などの木地玩具も作られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報