遠地輝武(読み)おんち てるたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠地輝武 おんち-てるたけ

1901-1967 大正-昭和時代の詩人,美術評論家。
明治34年4月21日生まれ。大正14年に第1詩集「夢と白骨との接吻(せっぷん)」を刊行するが発禁となる。昭和5年プロレタリア詩人会の創設に参加。戦後,新日本文学会にくわわる。昭和42年6月14日死去。66歳。兵庫県出身。日本美術学校卒。本名は木村重夫。著作はほかに詩集「人間病患者」,美術評論「日本近代美術史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android