コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠地輝武 おんち てるたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠地輝武 おんち-てるたけ

1901-1967 大正-昭和時代の詩人,美術評論家。
明治34年4月21日生まれ。大正14年に第1詩集「夢と白骨との接吻(せっぷん)」を刊行するが発禁となる。昭和5年プロレタリア詩人会の創設に参加。戦後,新日本文学会にくわわる。昭和42年6月14日死去。66歳。兵庫県出身。日本美術学校卒。本名は木村重夫。著作はほかに詩集「人間病患者」,美術評論「日本近代美術史」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遠地輝武の関連キーワード佐野 岳夫木村 好子小熊 秀雄小熊秀雄昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android