コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠田澄庵 とおだ ちょうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠田澄庵 とおだ-ちょうあん

?-1889 幕末-明治時代の医師。
美作(みまさか)(岡山県)津山藩主松平家につかえた漢方医で,脚気(かっけ)治療にすぐれる。安政5年幕府奥医師となり,13代将軍徳川家定(いえさだ)や,静寛院宮(せいかんいんのみや)の脚気を診察した。明治11年東京神田の脚気病院で洋方医と治療効果をきそい,脚気治療では漢方がすぐれていることをしめした。明治22年7月29日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遠田澄庵の関連キーワード森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼メネリク[2世]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android