コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤常久 えんどう つねひさ

1件 の用語解説(遠藤常久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤常久 えんどう-つねひさ

1686-1692 江戸時代前期の大名。
貞享(じょうきょう)3年4月5日生まれ。遠藤常春の子。元禄(げんろく)2年美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)藩主遠藤家5代となる。家臣の陰謀により5年3月30日毒殺された。7歳。所領は没収されたが,三河(愛知県)畑村藩主戸田氏成(うじしげ)の養子胤親(たねちか)が家名をつぎ,11年近江(おうみ)(滋賀県)三上藩主となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

遠藤常久の関連キーワード有馬康純池田仲央板倉重形一運勝継九鬼隆律小出英益小出英安鍾馗半兵衛丹羽氏明