コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤清子 えんどう きよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤清子 えんどう-きよこ

1882-1920 明治-大正時代の婦人運動家,小説家。
明治15年2月11日生まれ。「大阪日報」の記者などをつとめながら婦人参政権運動に参加。明治44年青鞜(せいとう)社にくわわり,大正9年新婦人協会に加入。岩野泡鳴と結婚,大正6年離婚。別れるまでの記録「愛の争闘」を刊行した。大正9年12月18日死去。39歳。東京出身。東京府教員伝習所卒。筆名は岩野清。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

遠藤清子

没年:大正9.12.18(1920)
生年:明治15.2.1(1882)
明治大正期の評論家。神田区猿楽町(神田猿楽町)生まれ。士族の父親の仕事の失敗から府立第1高女中退。東京府教員伝習所を経て19歳で綾瀬の弘道小学校教師となる。明治38(1905)年上京,電報通信社に勤め,女性の政治参加を禁じた治安警察法第5条改正の運動に加わる。失恋から自殺未遂後,作家岩野泡鳴と出会い同棲。『青鞜』に小説,随筆を書くが,本領は「母の胎内において男女は平等であった」などの評論にある。泡鳴との結婚,出産を経て,泡鳴の女性問題で別居。1年間の離婚裁判は妻の座を法的に認めさせた。離婚後画学生遠藤達之助と同棲。著書に泡鳴との出会いから別れまでを日記体でを綴った『愛の争闘』がある。

(尾形明子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

遠藤清子の関連キーワード2月1日大正時代小説家

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android