コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤熊吉 えんどう くまきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤熊吉 えんどう-くまきち

1874-1952 明治-昭和時代の教育者。
明治7年3月1日生まれ。20歳で上京し国語をまなぶ。帰郷して秋田県増田町の西成瀬小学校につとめ,共通語(標準語)教育の実践にとりくむ。昭和4年の退職後も方言を尊重しながら共通語の普及につとめたため,旧西成瀬村は「標準語村」とよばれた。昭和27年8月31日死去。78歳。著作に「言語教育の理論と実際」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遠藤熊吉の関連キーワード昭和時代教育者明治

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android