コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語教育 げんごきょういくlanguage education

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語教育
げんごきょういく
language education

認識,思考,伝達,創造など言語の諸機能を習得させる教育。幼児は周囲からの言語による働きかけによって言語を聞き,話し,読み,書く能力を習得していくが,この働きが自然の教育になっている。これに対して学校における言語教育は,児童,生徒に正しい言語能力を効率的に習得させるための意図的,計画的な営みである。言語の習得はすべての教育の基盤として不可欠のもので,どこの国においても学校教育の初段階から実施する。段階が進むにつれて母国語以外の言語の学習を導入する国が少くないが,ヨーロッパやアメリカでは母国語,外国語でなく,第1言語,第2言語という考え方がとられつつある。また特殊な領域として,盲・聾・唖教育においても,独自の言語教育が開発,実践されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんご‐きょういく〔‐ケウイク〕【言語教育】

適切な言語能力と言語技術を養うための教育。学校では、国語科や外国語科のなかで計画的・意図的に行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんごきょういく【言語教育】

〈言語教育〉ということばは,2通りの使われ方をしている。広義では,客観的に存在する言語体系,言語文化,言語生活を教育内容とし,伝達,学習,記憶などによってそれらを個々人の内的な言語能力へと組織するような教育的働きかけの総称として用いられる。この場合には,学校で行われる読み方,書き方などの定型的な教育だけでなく,赤ん坊に対する母親のていねいな話しかけや幼児への絵本の読み(語り)きかせ,あるいは挨拶ことばのしつけなど,家庭や地域社会で行われる広い意味でことばの教育,さらには外国語教育なども言語教育の内容として含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

言語教育
げんごきょういく

人間だけが獲得しうる言語(ことば)の能力の習得を目ざして営まれる教育的活動(学習指導)をいう。広義には、国語(母国語)教育と外国語教育とが含まれる。狭義には、学校で行われる国語科教育において、文学作品を媒材とする文学教育に対して、文字・音声・文法・作文・読解などの学習指導について用いられる。[野地潤家]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

言語教育の関連キーワードパシー(Paul Edouard Passy)パトリック・ヘンリ ピアスバーナード サン・ジャック外国語教育メディア学会日本のおもな学会・協会ポール・E. パシーヒューゴ シュハルトフィンボガドッティル多文化主義[カナダ]マニトバ学制問題大学英語教育学会メム フォックス川本 宇之介清泉女子大学神田外語大学福井県立大学立命館大学言語教育学二言語主義コメニウス

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言語教育の関連情報