遠藤胤親(読み)えんどう たねちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤胤親 えんどう-たねちか

1683-1735 江戸時代中期の大名。
天和(てんな)3年5月14日生まれ。徳川綱吉の側室お伝の方の妹婿白須政休の子。戸田氏成(うじしげ)の養子。元禄(げんろく)5年7歳で死に領地を没収された美濃(みの)(岐阜県)八幡(はちまん)藩主遠藤常久の名跡をつぐ。常陸(ひたち),下野(しもつけ)に1万石をあたえられたが,11年近江(おうみ)(滋賀県)三上藩主遠藤家初代となる。1万石。享保(きょうほう)20年3月2日死去。53歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android