コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤謹助 えんどう きんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤謹助 えんどう-きんすけ

1836-1893 明治時代の官僚。
天保(てんぽう)7年生まれ。文久3年伊藤博文らとイギリス留学,ロンドン大でまなぶ。大蔵省にはいり,大蔵大丞などをへて,明治14年造幣局長となり,近代的貨幣制度を導入した。16年から花見の時期に局構内を一般に開放,「造幣局の通り抜け」として今も大阪市民にしたしまれる。明治26年9月13日死去。58歳。長門(ながと)(山口県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

遠藤謹助の関連キーワード長州ファイブ前田倫良明治時代井上勝官僚天保

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠藤謹助の関連情報