コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上勝 いのうえまさる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井上勝
いのうえまさる

[生]天保14 (1843).8.1. 長州
[没]1910.8.2. イギリス,ロンドン
明治期の鉄道官僚,技術者。長州藩士。通称は弥吉。養子となり野村姓を名のる。文久3(1863)年,伊藤博文井上馨ら長州藩志士とともに密航してイギリスに渡り,ロンドン大学で学ぶ。化学をはじめ鉄道,鉱山関係の技術を学んだ。明治1(1868)年帰国し,井上姓に復帰して勝と改名。工部省に出仕し,1871年に鉄道頭兼鉱山頭となる。イギリスから資本と技術の援助を受けた鉄道建設事業に力を注ぎ,日本人技術者の養成を志してみずから技術監督にあたった。1881年工部大輔,1890年鉄道庁長官を歴任。「鉄道政略ニ関スル議」で鉄道国有論を提唱。海外視察中,ロンドンで客死

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐まさる〔ゐのうへ‐〕【井上勝】

[1843~1910]鉄道技術者。山口の生まれ。英国で鉱山・土木工学を学び、日本最初の鉄道を敷設した。鉄道庁長官。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井上勝

没年:明治43.8.2(1910)
生年:天保14.8.1(1843.8.25)
明治時代の鉄道官僚。長州(萩)藩士井上勝行の3男として萩に生まれる。幼名卯八,6歳で野村家の養子となり弥吉と改名。長崎でオランダ人教師から洋式兵法,また幕府の蕃書調所で洋学,さらに箱館の武田斐三郎から英語を学んだ。洋行費を村田蔵六(大村益次郎)の保証で長州藩御用達大黒屋榎本六兵衛が立て替え,ジャーデイン・マセソン商会の横浜店支配人の手助けにより,文久3(1863)年伊藤俊輔(博文),志道聞多(井上馨),山尾庸三,遠藤謹助と共にイギリスに密航,ロンドン大学で鉄道,鉱山,造幣技術を学び,明治1(1868)年に帰国。在英中に実家に復籍し,帰国後は勝を名乗った。2年10月新政府の造幣頭兼鉱山正に任ぜられたのち,4年8月鉱山頭兼鉄道頭に就任,翌年7月鉄道頭専任となり,東京・横浜間の鉄道開業に尽力した。 6年7月山尾との意見対立から一旦鉄道頭を辞任するが,伊藤の要請によって翌年1月復職,鉄道寮を大阪に移して大阪・神戸間の鉄道を開通させた。10年1月工部省鉄道局の設置にともない局長に就任,同年5月大阪停車場構内に工技生養成所を設けて日本人技術者の育成に努め,京都・大津間の建設工事では自らが技師長となり日本人独力で工事を完成させた。すでに決定していた中山道線建設案の東海道線建設への変更を上申し,19年7月政府はこれを正式に決定した。23年9月鉄道庁長官に就任,翌年7月「鉄道政略ニ関スル議」を上申して主要私設鉄道の買収を含む鉄道国有論を主張,しかし民間の鉄道業者らの反対が強まる中で26年3月鉄道庁長官を辞任。その後は鉄道車両の国産化を進めるため,井上馨,渋沢栄一らの賛同を得て29年9月に汽車製造合資会社(資本金64万円)を設立,同社社長に就任した。42年帝国鉄道協会会長に就任,翌年鉄道院顧問としてヨーロッパの鉄道事業を視察中ロンドンにて客死。墓所は東海道線と山手線を見下ろす品川の東海寺にある。<参考文献>上田広『井上勝伝』,野田正穂他編『日本の鉄道』

(沢井実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いのうえまさる【井上勝】

1843‐1910(天保14‐明治43)
“鉄道の父”と呼ばれた明治前期の鉄道官僚。長州藩士の家に生まれた。1863年(文久3)同藩の井上馨,伊藤博文らとともに国禁をおかして渡英し,鉱山と鉄道を研究して68年(明治1)に帰国。69年造幣頭兼鉱山正,71年鉱山頭兼鉄道頭に就任,日本最初の鉄道である東京~横浜間鉄道の建設に従事した。その後,鉄道局長,鉄道庁長官を歴任し,とくに東海道線の建設では常に陣頭指揮に立ち,他方,幹線鉄道国有主義を主張して政府の鉄道政策に大きな影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いのうえまさる【井上勝】

1843~1910) 日本の鉄道創設期の行政官・技術者。長門の人。「鉄道の父」と称される。鉄道国有論者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上勝
いのうえまさる
(1843―1910)

明治期の鉄道技術者。鉄道庁長官。長門(ながとのくに)(山口県)の藩士井上勝行の三男として生まれる。野村家を継ぎ野村弥吉と名のり、明治維新後実家に復籍し井上勝と称した。長崎や江戸、そして箱館(はこだて)(函館)の武田斐三郎(たけだあやさぶろう)の塾で洋学を修めた。1863年(文久3)伊藤俊輔(しゅんすけ)(伊藤博文(ひろぶみ))、井上聞多(もんた)(井上馨(かおる))、山尾庸三(ようぞう)(1837―1917)、遠藤謹助(1836―1893)らとイギリスに密航、ロンドン大学で鉄道、鉱山技術を学び、1868年(明治1)帰国。1871年工部省鉱山頭兼鉄道頭に任ぜられたが、翌1872年鉄道頭専任となり、東京―横浜間の鉄道敷設に尽力した。関西で鉄道建設が始まると鉄道寮の大阪移転を断行した。外人技師主導からの自立を目ざし、日本人鉄道技術者を養成し、1871年からの京都―大津間の敷設には、彼自身技師長となり、初めて日本人だけで工事を完成した。技監、工部大輔(たいふ)、鉄道庁長官などを歴任、東海道線ほか幹線の敷設に貢献した。1893年、幹線国有化論を主張したことがもとで鉄道庁長官を辞任した。1896年汽車製造合資会社(のちに株式会社となったが、1972年、川崎重工業に吸収)を設立、社長となった。ロンドンで客死。[菊池俊彦]
『上田広著『井上勝伝』(1956・交通日本社/改題改訂復刻『鉄道事始め――井上勝伝』・1993・井上勝伝復刻委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

井上勝の関連キーワードウィリアムソン(イギリスの化学者 Alexander William Williamson)イギリス公使館焼打事件両都両港開市開港問題人造人間キカイダー鳥羽・伏見の戦い吉川経幹周旋記京都守護職始末長谷川 謹介仮面ライダー長州ファイブ宇都宮黙霖田中河内介防長回天史松尾多勢子来島又兵衛井上 勝純大楽源太郎蛤御門の変東禅寺事件鉄道敷設法

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上勝の関連情報