コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠赤外線放射セラミックス えんせきがいせんほうしゃセラミックス far-infrared radiation ceramics

1件 の用語解説(遠赤外線放射セラミックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠赤外線放射セラミックス
えんせきがいせんほうしゃセラミックス
far-infrared radiation ceramics

炭化ケイ素やジルコニアなど,遠赤外線を発生しやすいセラミックス。遠赤外線は可視光線より波長が長く,2.5~1000μmの範囲にあり,目に見えない。水や有機質の物質は遠赤外線を吸収し,自らは温度が上昇するため,人体は遠赤外線を吸収すると,血液,体液の循環が活発となり,発汗するようにもなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠赤外線放射セラミックスの関連キーワード炭化ケイ素繊維エンジニアリングセラミックス非酸化物系セラミックス遠赤外線炭化ジルコニウム遠赤外分光光度計赤外線灯酸化ケイ素(酸化珪素)炭化ケイ素セラミックス炭化ケイ素ホイスカー