コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選文 センブン

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぶん【選文】

[名](スル)
文を選ぶこと。また、その文。
律令制で、叙位すべき官吏の名を列記した文書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の選文の言及

【上日】より

…欠ければ,その年度は評定の対象外とされた。毎年の評定書である考文(こうもん)や,一定年数の総合評定書で,恒常的な叙位に結びつく選文(せんもん)には,毎年の上日や合計出勤日数が記載された。また在京の諸司および大宰府,壱岐(いき),対馬(つしま)の職事官(しきじかん)たちは,毎年,8月から翌年正月,2月から7月までに,それぞれ120日以上の出勤が記載されると,季禄として,春夏の禄,秋冬の禄が支給された。…

※「選文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

選文の関連キーワード日本エッセイスト・クラブ小栗山喜四郎戸塚村善兵衛戸田旭山石川玄常仲代達矢桂文我定考上日

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

選文の関連情報