(読み)セン

デジタル大辞泉の解説

せん【選】

多くのものの中から、すぐれたものや条件に合うものなどを選ぶこと。「短歌にあたる」「にもれる」

せん【選】[漢字項目]

[音]セン(呉)(漢) [訓]えらぶ える よる
学習漢字]4年
より分けてえらぶ。えらぶこと。「選挙選曲選鉱選手選択選定選別改選官選人選精選特選入選予選落選
詩文をえらび集めた書物。「文選(もんぜん)唐詩選
[名のり]かず・かつ・のぶ・よし・より

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せん【選】

多くの中から選ぶこと。 「 -にもれる」
官吏がある地位や職に選ばれること。 「我等、-に何なる官をか得んとする/今昔 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

選の関連情報