(読み)すぐる

精選版 日本国語大辞典「選」の解説

すぐ・る【選】

〘他ラ五(四)〙
① 多くの中からえらびとる。よりぬく。えらび出す。選抜する。
※宇津保(970‐999頃)吹上下「えらびすぐりたる上手をととのへたり」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「島津家にては、精兵をすぐり、小船に乗せて、夜のまぎれに、琉球の後の方へ回り」
② 扱(こ)く。扱きとる。しごく。
※歌舞伎・蝶々孖梅菊(1828)三幕「与兵衛は藁をすぐって、苞を拵らへ居る」

えり【選】

〘名〙 (動詞「える(選)」の連用形の名詞化) 選ぶこと。
※増鏡(1368‐76頃)三「後白川の法皇の御孫えりの時、泣き給しによりて、位にも即かせ給はざりしかば」

えら・む【選】

〘他マ四〙 =えらぶ(選)〔観智院本名義抄(1241)〕
謡曲・安宅(1516頃)「国々に新関を立てて、山伏を堅く選み申せとのおんことにて候ふ

えらみ【選】

〘名〙 (動詞「えらむ(選)」の連用形の名詞化) =えらび(選)
近世畸人伝(1790)題言「此撰みの事を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「選」の解説

せん【選】[漢字項目]

[音]セン(呉)(漢) [訓]えらぶ える よる
学習漢字]4年
より分けてえらぶ。えらぶこと。「選挙選曲選鉱選手選択選定選別改選官選人選精選特選入選予選落選
詩文をえらび集めた書物。「文選もんぜん唐詩選
[名のり]かず・かつ・のぶ・よし・より

せん【選】

多くのものの中から、すぐれたものや条件に合うものなどを選ぶこと。「短歌にあたる」「にもれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android