コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子治療ガイドライン いでんしちりょうガイドライン

1件 の用語解説(遺伝子治療ガイドラインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺伝子治療ガイドライン
いでんしちりょうガイドライン

日本国内で遺伝子治療を実施する場合の対象疾患や倫理的歯止めを定めた指針。厚生省では 1993年5月に厚生科学会議が,文部省では 94年2月に学術審議会が策定したが,内容はほぼ共通。対象は有効な治療法のない致命的な遺伝性疾患や悪性の癌の一部,エイズなどに限定し,患者へのインフォームドコンセントや,実施する医療機関に対する審査委員会の事前承認,審査過程の公開などを不可欠の条件とし,次世代へ影響する恐れがある生殖細胞の精子や卵子,受精卵の操作を禁止している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone