還相(読み)げんそう

精選版 日本国語大辞典「還相」の解説

げん‐そう ‥サウ【還相】

〘名〙 仏語。浄土教で説く二種回向の一つ。極楽に往生した者が、再び現世に還ってきて、一切の衆生を教化して共に道に向かわせること。還相の回向。⇔往相
浄瑠璃・善導記(1670)五「此四しゅを、二つにわけ、わうさう、げんさう、二しゅのゑかうを」 〔往生論註‐下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「還相」の解説

げん‐そう〔‐サウ〕【還相】

仏語。往生して仏になったのち、再びこの世にかえって利他教化きょうけの働きをすること。また、そのためにかえる姿。⇔往相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android