那須湯本温泉(読み)なすゆもとおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那須湯本温泉
なすゆもとおんせん

栃木県北部,那須岳の南東中腹にある温泉。那須岳山腹の那須温泉郷の中心。7世紀頃の発見と伝えられる。泉質は単純泉,重炭酸土類泉,明礬泉硫黄泉,酸性泉。泉温 27~73℃。皮膚病特効。集落はもと湯川の上流にあったが,安政5 (1858) 年の山津波後現在地に移転。西端には温泉神社があり,近くの殺生石 (せっしょうせき) は那須岳爆裂に伴う噴気孔。那須高原の別荘地やゴルフ場などの開発に伴って,高原観光温泉地として発展。日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕那須湯本温泉(なすゆもとおんせん)


栃木県北部、那須岳南東側山腹の標高約800mの高原にわく行楽・保養向きの温泉。那須高原一帯に散在する那須温泉郷の中心。旅館街のほかユースホステルなど若者向きの宿泊施設もある。那須岳登山の基地。温泉街の北に那須与一(なすのよいち)ゆかりの温泉(ゆぜん)神社がある。共同浴場では昔ながらの「湯もみ」が行われる。カルシウム‐硫酸塩泉。泉温78℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android