コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡司正勝 ぐんじ まさかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郡司正勝 ぐんじ-まさかつ

1913-1998 昭和後期-平成時代の歌舞伎研究家・演出家。
大正2年7月7日生まれ。河竹繁俊に師事。早大演劇博物館学芸員などをへて昭和35年早大教授となる。歌舞伎を民俗学的に研究,「かぶき―様式と伝承」などをあらわし,30年芸術選奨。4代鶴屋南北の「桜姫東文章」などを演出し,古典歌舞伎復活につくす。平成10年4月15日死去。84歳。北海道出身。早大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

郡司正勝の関連キーワード役者論語(やくしゃばなし)中村 仲蔵(4代目)桑名屋徳蔵入舩物語尾上菊五郎(4代)瀬川如皐(3代)中村仲蔵(3代)若柳寿童(初代)京鹿子娘道成寺東海道四谷怪談歌舞伎十八番道成寺(能)瀬川菊之丞郡司 正勝大笹吉雄臨機応変女相撲矢の根戯財録滑稽本舞踊

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郡司正勝の関連情報