コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都一静 みやこ いっせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都一静 みやこ-いっせい

?-1881 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
一中節。江戸深川の芸者で,都一浜(いちはま)の門人。「お船蔵の師匠」とよばれた。「(むぐら)の夢」「猩々(しょうじょう)」などを作曲。明治14年死去。本名は高木せい。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

都一静

没年:明治14(1881)
生年:生年不詳
明治期の一中節太夫。本名高木せい。深川仲町の芸者で6代目都一中の妻一浜の弟子。俗に「お舟蔵の師匠」と呼ばれた。嘉永2(1849)年に一静を名乗る。「葎の夢」「猩 々」「都鳥」「道成寺」など優れた新曲を残した。

(吉野雪子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の都一静の言及

【猩々】より

…4世井上八千代振付。(5)一中節および山田流箏曲,清元の曲名 一中節は,1855年(安政2)8月,真国作詞,都一静作曲。山田流箏曲には3世中能島松仙が移曲。…

※「都一静」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

都一静の関連キーワード都太夫一中(9代)都 一広(初代)宇治倭文(初代)都一広(初代)都太夫一中明治時代道成寺物浄瑠璃没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android