都丸広治(読み)とまる こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都丸広治 とまる-こうじ

1814-1874 江戸時代後期の儒者。
文化11年生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士。江戸で東条一堂考証学をまなぶ。嘉永(かえい)2年藩の旧記取調掛(修史掛)に属し,鶴岡藩(酒井家)の正史「酒井世紀」「大泉紀年(たいせんきねん)」を編修した。明治7年2月18日死去。61歳。名は親寿(ちかとし)。字(あざな)は子静。号は董庵(とうあん)。一説に本姓は水野。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android