コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都丸広治 とまる こうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都丸広治 とまる-こうじ

1814-1874 江戸時代後期の儒者。
文化11年生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士。江戸で東条一堂考証学をまなぶ。嘉永(かえい)2年藩の旧記取調掛(修史掛)に属し,鶴岡藩(酒井家)の正史「酒井世紀」「大泉紀年(たいせんきねん)」を編修した。明治7年2月18日死去。61歳。名は親寿(ちかとし)。字(あざな)は子静。号は董庵(とうあん)。一説に本姓は水野。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

都丸広治の関連キーワードブルボン朝おもなお雇い外国人葛飾北斎王政復古(Restoration)世界のおもな美術館自由民権運動わが祖国奈破崙パジェスファン=デン=ブルーク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android