都林泉名勝図会(読み)みやこりんせんめいしょうずえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都林泉名勝図会
みやこりんせんめいしょうずえ

江戸後期の京都名園案内。秋里籬島(あきざとりとう)(籬島軒)著。1799年(寛政11)刊。全五巻だが、第一巻を乾(けん)・坤(こん)の二冊に分けているので六冊本。京都の庭園や茶亭などを142の写生図によって紹介し、それに説明文を付す。木版画の画工名として佐久間草偃(さくまそうえん)、西村梅渓(ばいけい)、奥文鳴(おくぶんめい)の3名をあげる。奥付には「寛政十一己未歳」の発行年と、六角通(ろっかくどおり)御幸町西入の地名、版元小川多左衛門の名がある。本書は当時のいわゆるベストセラーであり、版を重ねたため、文字の不鮮明なものも多い。現在も残っている京都の庭園などの比較・研究などに、今日でも有益な書である。[重森完途]
『井口洋校訂『都林泉名勝図会』(1975・柳原書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都林泉名勝図会の関連情報