都林泉名勝図会(読み)みやこりんせんめいしょうずえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都林泉名勝図会
みやこりんせんめいしょうずえ

江戸後期の京都名園案内。秋里籬島(あきざとりとう)(籬島軒)著。1799年(寛政11)刊。全五巻だが、第一巻を乾(けん)・坤(こん)の二冊に分けているので六冊本。京都の庭園や茶亭などを142の写生図によって紹介し、それに説明文を付す。木版画の画工名として佐久間草偃(さくまそうえん)、西村梅渓(ばいけい)、奥文鳴(おくぶんめい)の3名をあげる。奥付には「寛政十一己未歳」の発行年と、六角通(ろっかくどおり)御幸町西入の地名、版元小川多左衛門の名がある。本書は当時のいわゆるベストセラーであり、版を重ねたため、文字の不鮮明なものも多い。現在も残っている京都の庭園などの比較・研究などに、今日でも有益な書である。[重森完途]
『井口洋校訂『都林泉名勝図会』(1975・柳原書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都林泉名勝図会の関連情報