都筑峯重(読み)つづき みねしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都筑峯重 つづき-みねしげ

1803-1858 江戸時代後期の武士。
享和3年10月生まれ。幕臣。勘定吟味役から佐渡奉行をへて,下田奉行となり,応接掛をつとめた。安政2年禁裏付に転じ,日米和親条約勅許をえるために尽力。さらに日米修好通商条約の勅許をえるため川路聖謨(かわじ-としあきら)らと廷臣を説得中の安政5年3月18日に急死。56歳。通称は金之丞,金三郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

都筑峯重 (つづきみねしげ)

生年月日:1803年10月19日
江戸時代末期の幕臣
1858年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android