都筑秀綱(読み)つづき ひでつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都筑秀綱 つづき-ひでつな

1533-1600 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)2年生まれ。今川氏真(うじざね)につかえ,のち徳川家康の臣となる。永禄(えいろく)12年遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松荘宇間郷,および下平河の領地を安堵(あんど)される。三方原(みかたがはら)の戦いなどで戦功をたて6000石をあたえられる。慶長5年7月21日死去。68歳。通称は藤三郎,惣左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android